日本最大級のものづくりカンファレンス
2019 特別講演

CR-8000 解析プラットフォーム活用のご紹介

パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社

複雑化する電子機器開発においては、限られた時間の中で、製品品質を担保することが求められています。 本セッションではCR-8000をプラットフォームとしたSI/PI/EMC検証ツールの活用、各解析データの管理を核とした設計 …

続きを読む

2019 トピック

ケーブル配線設計の現状とIoT時代の打ち手 ~機器内から工場・プラント内配線の課題と対策~

株式会社図研

プリント基板を含む電気ユニットは、電源、制御、通信の各接続により高度な機能を実現します。IoT時代となり、各接続はより複雑でボリュームも増加しています。この傾向は、精密機械、産業機器、輸送機器、工場やプラントまで共通です …

続きを読む

2018 テクノロジーパートナー

自由形状電子基板のアディティブマニュファクチャリングを実現する3Dプリンタシステム開発

株式会社FUJI(旧 富士機械製造株式会社)

IoTを活用した現実的なサービスを提供するには、設計者の様々なアイデアを組み込んだモジュールの現物をいち早く作成し、実際の環境で使ってみることが肝要です。 FUJI(富士機械製造)では、今までの実装機で培ったロボット技術 …

続きを読む

2016 事例

Design ForceによるシステムレベルEMC検証環境のご紹介

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

複雑化する電子機器開発においては、単基板ではなくシステムレベルでのEMC検証が必須となっています。本セッションでは最新技術動向と共に、Design Forceを用いたマルチボードEMC検証、3Dデータを用いたフルウェーブ …

続きを読む