日本最大級のものづくりカンファレンス
2018 エクスペリエンス

【時短と品質を両立! 自動配置・配線とエレメカ協調検証】 Design Force + Dragon EX + EMD Collaborator + EMC Adviser EX

電子基板への電子部品の実装可否検討や、基板層数の見積もりは、部品占有面積や、ピン数・ネット数の大まかな情報から、有識者の経験と勘を頼りに算出している状況です。その見積もりのさらなる精度向上と時短を実現するには、経験と勘を …

続きを読む

2017 事例

CR-8000 解析プラットフォーム活用のご紹介

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

複雑化する電子機器開発においては、限られた時間の中で、製品品質を担保することが求められています。本セッションではCR-8000をプラットフォームとしたSI/PI/EMC検証ツールの活用、そしてANSYS、Keysight …

続きを読む

2017 ビジョン

図研EDA/PLMのビジョンとロードマップ

株式会社図研

システム大規模化にともない電子部品、回路基板、ワイヤーハーネス、組込ソフトウェア、メカ、メカトロ、制御などの設計ドメインの壁を取り払ってシステム視点で設計を行うMBSEが台頭しつつある今、図研はEDA/PLMの領域におい …

続きを読む

2016 事例

Design ForceによるシステムレベルEMC検証環境のご紹介

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

複雑化する電子機器開発においては、単基板ではなくシステムレベルでのEMC検証が必須となっています。本セッションでは最新技術動向と共に、Design Forceを用いたマルチボードEMC検証、3Dデータを用いたフルウェーブ …

続きを読む