日本最大級のものづくりカンファレンス
2017 事例

スマートファクトリー時代の制御盤設計 ~ワイドミュラーコンフィグレータとAR技術活用~

Weidmüller Interface GmbH & Co. KG

ワイドミュラー社と図研は、次世代の制御盤づくりに向けた新たなソリューションの開発で協業しています。 本セッションでは、インダストリー4.0を掲げて新しいモノづくりの構築を目指す欧州のトレンドを概説するとともに、その中で求 …

続きを読む

2017 事例

CR-8000 解析プラットフォーム活用のご紹介

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

複雑化する電子機器開発においては、限られた時間の中で、製品品質を担保することが求められています。本セッションではCR-8000をプラットフォームとしたSI/PI/EMC検証ツールの活用、そしてANSYS、Keysight …

続きを読む

2017 事例

日立製作所における電子機器設計の環境構築

株式会社日立製作所 鉄道ビジネスユニット

鉄道製品は、設計開発から納品、実稼働(メンテナンス含む)での製品寿命が、非常に長期にわたる製品であるため、設計情報も世代を通じて継承する必要があります。そこで、設計データをはじめ、電子部品情報、設計に必要な情報を集約管理 …

続きを読む

2017 事例

異種P板CADのDFM Center/ADMによる品質の取り組み

キヤノン・コンポーネンツ株式会社

キヤノン・コンポーネンツでは、Design Forceを活用しプリント配線板の高速/高密度を中心とした高難易度設計や量産時の生産性を考慮した設計を行っています。 プリント配線板設計は複数のCADを使い分けて行っているため …

続きを読む