日本最大級のものづくりカンファレンス
セッションID 2B2 講演カテゴリー事例

CR-8000を活用した産業基板設計とFPGA協調設計

産業機器、医療機器業界において、多数の顧客ニーズに柔軟に対応する上で、FPGAは数多く採用されています。
小野測器では、図研のGPM(Graphical Pin Manager)を活用し、700ピンを超える多ピンFPGA設計の効率化に取り組んでいます。今回は、FPGA設計効率化の事例を説明します。またハイスピード設計への取り組みや今後の展望に関しても紹介します。

講演者
株式会社小野測器
技術本部 技術サポートグループ
係長 伊藤 由紀      
対象製品群
CR-5000、他 CR-8000
対象製品
Board Designer(基板設計) Design Force(基板設計) Design Gateway(回路設計) GPM(FPGA協調設計)
対象技術分野
LSI/FPGA分野
対象図研製品名:Design Gateway、Graphical Pin Manager、Design Force、Board Designer
対象業種
産業機器・生産設備