日本最大級のものづくりカンファレンス
セッションID 1B6 講演カテゴリー事例

スマートパワー製品開発におけるDS-2導入事例のご紹介

アバール長崎は、マイクロコンピュータを搭載した産業用組込製品の開発に注力し「人とコンピュータの融合」を目指してきました。その中で近年要求されるエネルギー変換器のデジタル化を実現するスマートパワー製品の開発を実施しています。本セッションでは、製品開発における設計環境の再構築を通じて、情報の集約と伝達及び、加工と出力の連続性を確保し、製品の安定性を実現したDS-2、D-Shopの構築事例を紹介します。

講演者
株式会社アバール長崎
開発設計部
取締役 開発設計部長 宗石 浩      
対象製品
DS-2(電気設計PDM)
対象図研製品名:DS-2、D-Shop
対象業種
産業機器・生産設備 電子デバイス製品